代替画像.jpg



液体セダリンスLAは有機酸混合物で構成されるトイレ専用の洗浄剤です

*尿石除去、黄ばみ除去、悪臭の除去に抜群の効果を発揮します
*各種の細菌に対して殺菌効果があります(※日本食品分析センターにて試験済み)
*人に対しても安全、ソフトで取り扱いが簡単です







1)小便器:トラップあり(トラップなしのタイプはご相談ください)
2)大便器:洋式、和式いずれも水洗式(簡易水洗は除く)
3)循環式トイレ:長距離バスのトイレ、電車のトイレ(いずれも処理装置のないタイプ)
4)リース用の仮設トイレ:タンク貯留式で処理装置のないタイプ
5)その他のトイレ:介護用、ポータブルトイレ(タンク貯留式で処理装置のないタイプ)



1)小便器:トラップ内に15%濃度に溶解した洗浄液1リットルを投入、30分〜60分放置しフラッシングする。
2)大便器:トラップ内に15%濃度に溶解した洗浄液2リットルを投入、30分〜60分放置しフラッシングする。
3)その他の形状のトイレについては、タンク容量等にて使用量を決定するため、弊社にお問い合わせください。
※電車、バスの循環式トイレでは、一回の使用量は10%濃度で10〜20リットルです。



1)一回の洗浄で落ちない場合は、繰り返しきれいになるまで行ってください。
 ※使用開始後は悪臭、スケールを完全に除去し、その後は定期的に洗浄することをお勧めします。
 ※汚れがひどい場合はトイレ用スポンジ等使用して軽く擦って落としてください。
2)駅等の利用者の多いトイレでは、毎日(一日一回)の洗浄を推奨します。
3)定期的な清掃を行っている場所では、清掃時にあわせて行ってください。



※洗浄剤は25kg/1箱です。
※溶解はタンク内に洗浄剤の結晶(白い粉末)がなくなるまで十分(30分程度)  行ってください。







@作業前
はじめに、男子用小便器の中央のフタをはずし、排水トラップ内の水を出来る限り手動灯油ポンプなどでくみ上げ、トラップ内にセダリンスLA溶液を約1リットル投入します。

Aセダリンス溶液にて浸漬洗浄
溶液投入後、最低1時間30分から3時間漬けおきして下さい。
外している小便器のフタの裏に尿石など汚れのひどい場合は、バケツなどにフタを入れ、フタが浸かる程度までセダリンスLA溶液を入れ、約1時間30分から3時間漬けおきして下さい。便器の周りが黄ばんでいる場合はブラッシングしてください。

B漬けおき終了
漬けおき終了後、小便器側トラップの見える範囲は、トイレ用スポンジなどで軽く擦って汚れを落として下さい。又、バケツに漬けた小便器用のフタも同様に、トイレ用スポンジなどで軽く擦って汚れを落として下さい。

C作業後
洗浄終了後は、フタを戻し便器側のフラッシング水にて流します。
バケツに残った溶液も、便器側に流して下さい。





@
男子用小便器1箇所に対して、セダリンスLA溶液約 1リットルを便器に流して下さい。


A
溶液投入後、最低1時間30分は使用禁止を行い、その後便器側のフラッシング水にて流します。


B
トイレの使用頻度にもよりますが、最低1週間に一度(推奨3日ごと)の使用メンテナンスを推奨いたします。

備考:
小便器排水の流れが悪い場合は、最低2回は「※はじめてご使用される場合」を行って下さい。また、日常メンテナンス方法で少しずつ改善されると思われますが、一向に改善されない場合は 一度当社での化学洗浄工事をおこなうことをお勧めいたします。








© SeiwaPro Co., LTD All Rights Reserved.