代替画像.jpg





システム化学洗浄工法 は、各種設備機器・配管に付着生成し、機能障害を 与えているスケールを従来の物理的、化学的洗浄工法に比べてより短時間に、 機器配管を損傷せずに完成度の高い洗浄を実現する化学洗浄工法です。

一口にスケールといっても多種多様です。それぞれに最も適切な洗浄剤の選定 と、洗浄方法を採用する事により短時間に効率よく、機器・配管類を傷つける ことなく、レベルの非常に高い状態まで洗浄することが可能となります。


スケールとは・・・

液体中に混在する溶質又は不純物が、温度、圧力などの環境の変化に応じた変質もしくは変化と、分子レベルの電気的な作用との複合作用などによって、機器や配管に着床し、積層した状態となったもの。

『機器や配管に付着生成し、設備機器や配管の機能を阻害する物質』

発生するスケールを放置しておくと、流体の流れの阻害が徐々に大きくなり、 ついには閉塞してしまいます。

   


【従来のスケール除去法】

高圧水洗浄工法
使用する水そのものは比較的安価ですが、物理的破砕のため設備機器を傷めたり、作業者の危険を伴います。また、複雑な形状の機器配管には水圧を到達させることが困難でスケールの除去が難しいため、洗浄頻度が多くなります。

従来の化学洗浄工法
硝酸、塩酸、硫酸などの強酸を希釈して使用し、スケールの除去性は良いものの設備の材料そのものを溶解または腐食させてしまうことが有り、さらに作業員に危険性がともないます。







© SeiwaPro Co., LTD All Rights Reserved.